令和4年度 福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金について


行政書士のはたのです。


令和4年度 福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金について、簡単にまとめてみました。

(この記事を書いているのは2022年2月9日です。現在、すべての情報が出ている訳ではなく、厚生労働省の「福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金コールセンター」にもつながりにくい状況ですので、不明な点もあります。あらかじめご了承ください。)


内容

月額約9,000円の臨時特例交付金を交付します。


目的

新型コロナウィルスや少子高齢化と日々戦っている福祉・介護職員の賃金を継続的に引き上げるため。


交付期間

令和4年2月から9月まで

※10月以降は、臨時の報酬改定を行い、同様の交付金が受け取れるようにするらしいです。


どれくらいもらえるの?

月の総報酬×交付率=交付金

※月の総報酬は、(基本報酬+加算-減算)×1単位の単価

※1単位の単価は地域区分・サービスにより異なります。

  例.埼玉県上尾市は6級地 就労継続支援B型・・・10.34円

※交付率は、次のとおりです。

  • 居宅介護 3.6%
  • 重度訪問介護 3.6%
  • 同行援護 3.6%
  • 行動援護 3.6%
  • 重度障害者等包括支援 3.6%
  • 生活介護 1.1%
  • 施設入所支援 2.6%
  • 短期入所 2.6%
  • 療養介護 2.6%
  • 自立訓練(機能訓練) 1.7%
  • 自立訓練(生活訓練) 1.7%
  • 就労移行支援 1.3%
  • 就労継続支援A型 1.3%
  • 就労継続支援B型 1.3%
  • 共同生活援助(指定共同生活援助) 2.4%
  • 共同生活援助(日中サービス支援型) 2.4%
  • 共同生活援助(外部サービス利用型) 2.4%
  • 児童発達支援 1.9%
  • 医療型児童発達支援 1.9%
  • 放課後等デイサービス 1.9%
  • 居宅訪問型児童発達支援 1.9%
  • 保育所等訪問支援 1.9%
  • 福祉型障害児入所施設 3.5%
  • 医療型障害児入所施設 3.5%
  • 就労定着支援、自立生活援助、計画相談支援、障害児相談支援、地域相談支援(以降)、地域相談支援(定着) 0%


誰に渡せるの?

事業所の判断により、どの職員にも渡せます。

※ただし、あくまでも福祉・介護職員の処遇改善を目的としたものなので、趣旨から外れないようにしてください。


要件は?

①福祉・介護職員処遇改善加算Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのどれかを取得していること

②令和4年2月から賃金改善に充てること

③交付金の全額を賃金改善に充てること

 ⇒賃金改善の合計額の2/3以上をベースアップ等に充てること

 ※ベースアップ等とは、基本給または手当の引き上げ

 ※ベースアップ等の賃金には、変動する手当は含まれない

 ※ベースアップ等に充てた額以外の残りの分は、賞与や一時金等でもOK

④交付金の合計額を上回る賃金改善を行うこと

※交付金の支給に関しては、「福祉・介護職員」と「その他の職員」のグループに分け、グループごとに用件を満たす必要があります。


手続きの流れ

①令和4年2月末日までに都道府県に報告

②令和4年4月15日までに都道府県に計画書を提出

③実施期間終了後、都道府県に実績報告書を提出


以上、令和4年度 福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金について、今日現在で分かっていることをまとめてみました。

まだ不明な点が多いので、新しい情報が入りましたらまた記事にします。

行政書士はたの事務所

〒362-0006 埼玉県上尾市錦町6-45 TEL:048-773-5675 FAX:050-3737-7904 【営業時間】 平日 9:00~18:00 時間外・土日祝 要予約